他には無い ステンドグラス 3D(三次元)フットライト 今までのライトのイメージを 一新!!

飾りの取付

装飾いろいろ

  • パネルを見た人からこの飾りはどんなにして作っているの? と聞かれる事があります
    作る方法を説明すると半分位の人は納得されますが、後の方は不思議そうに見ていかれます

帆船 文字
    銅針金を捩じって作ったロープ       単品で作ったピースを組合せた文字
  

つぼみ
  • 図案に合わせガラスを配列しても、更に細かい表現をしたい時や、文字、数字などを加えたい時が有りますが、細かくなってくるとガラスを加工する事が難しくなってきます
    その場合にガラスの上から装飾する方法を使うとシンプルで個性的な形にする事ができます
    さらに、上に重ねる事で立体感のある表現ができます
  • 両側から見るパネルはガラスの両面に装飾します
  • ハンダを盛上げると質感のある装飾となりガラスと良くバランスします
  • 波型(ウエーブ)に切り込んだコッパーテープは販売されていますので、ランプなどにそのテープを使用すると均整の取れた可愛い形に仕上がります
    但し、一般のテープの2倍近くしますので、簡単なもの、違った形状、好みに合わせたい時は、普通のテープを切って作っています
  • コパーシート( 30cm x 30cm )を使うと選択は多彩で複雑な形も作る事が出来ます
  • 作者のサインや制作日付けを入れる事も出来ます


-装飾している方法の中から幾つか紹介します

-コッパーテープを使う方法

完成

1.飾りを付ける場所にコッパーテープを貼ります

2.カッターで飾りの形に合わせ切れ目をいれます

3.余分なテープを取ります

4.ハンダ付けします

  テープ貼り テープ切れ目 テープ切り
     テープ貼り付け      テープに切れ目を入れる     テープを切る

-コパーシートを使う方法

完成

1.文字の外形に合わせシートを切り取ります
2.文字の外形に沿った線で切りますが形状維持できる様に
  一部残しておきます
3.シートのままでハンダ付けします。反返らない様注意して!
  ハンダのボリュームが多くなると熱でガラスが割れる事が
  ありますのでガラスに貼る前に終らせる様にします
4.ハンダの盛りあげが終わり形が安定したら余分な所は
  切り取ります
5.ガラス面に貼り付けます
6.パネルのテープ位置に合わせハンダ付けします

切取り ハンダ盛りあげ 貼付け
    文字の切取り        ハンダ盛り上げ         貼り付け

-銅針金を使う方法

1.文字数が多くなるとコパーシートでは難しいので銅針金を使っています
2.文字の平面部分は上から叩いて広くし、細くする部分は横に叩きます
3.2~3文字毎に作り繋ぎ合せて一連の文字にします
4.前もって全面にハンダ付けします

長文字
  ” Libertad ” の スペル です

-帆船に使用しているロープを銅針金で作る方法
 専用工具のツイスターがありますが割り箸でも簡単に作ることが出来ます

1.二本の銅線の片方に割り箸を入れ回転させ捩じっていきます
2.撚りは戻りやすいので、片方の手で上下左右に”しごく”事で形状が固定されます
  線径が細いと戻りやすく 太くなると捩じりにくいが戻りません 
  始点、終点はピッチが不均一になり易いので使わないようにします
3.前もって全面にハンダ付けします
4.絵の位置に合わせ両端をハンダ付けします

割り箸使用 しごく 完成
  割り箸を使って捩じる     上下左右に”しごく”       ロープが完成

-ステンドグラスで作った文字や花びら等をワンポイントとして付ける方法
 細かく複雑にガラスを加工する事が難しい場合にも適しています
 後でピースを追加したい場合にも簡単に付けられます

1.普通の作り方でデザインに合わせガラスをカットしルーター仕上げします
2.葉の筋はコッパーテープを切って貼り付けます
  その後、周囲にコッパーテープを巻きます
3.全体をハンダ付けします
  裏面のハンダは盛上げずフラットにしておきます
4.絵の位置に合わせ、下側ガラス面のハンダ部分に固定する様に重ねて付けます

ピース準備 ハンダ付け 貼付け
   ピースを作る         ハンダ付けする       ハンダで固定する


a:6103 t:2 y:1

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional